100万人を幸せにする本を出す方法

100万人を幸せにする本を出す方法

この電子書籍は、いつか本を出したいと思っているあなたのために書きました。
今すぐ正しく行動して、1年以内に本を出すことを目指しませんか。
出版編集者の立場から、どうしたら出版できるのか、知っていることをすべて詰め込みました。

出版の目的は人それぞれです。
ただ出したいだけ、という人もいるかもしれません。
私の望みは、あなた自身と、あなたのコンテンツのファンを全国に作ることです。
そして、あなたの人生がよくなることです。

本を出すと人生が変わります。
出版はあなたを思いもよらなかった領域に連れて行ってくれます。

でも、ほんの小さなことを知らないがために出版を諦めてしまう方が少なくありません。それは、出版業界では「常識」と言われていることを、教える人がいないからだと思います。
もともと他の業界にいた私は、良い意味でも悪い意味でも「編集者らしくない」と言われてきました。そんな私だからこそ、出版業界に詳しくないあなたにお伝えできることがあります。

・本を出したいけれど、何からしたらいいかさっぱり分からない。
・出版に興味はあるけれど、自分には本にできるようなことがない
・出版社に企画を送ってみたけれど返事がもらえない
・書きたいことはあるけれど、本一冊分も書けるかどうか分からない

こんな悩みをお持ちの方には、必ずお役に立てるはずです。

この電子書籍はこれから出版したいあなたに最初に読んでいただきたい本です。
いちばんやさしい出版入門書です。

著者・たかひらいくみ

<こんなことが書いてあります。>
◆どんな会社から出版する?
出版にはいくつか種類があります。どんな方法で出版するのがよいでしょうか。

◆誰もが書く「出版企画書」とはどんなもの?
本をこれから書くなら避けては通れない出版企画書。
とても重要な項目にも関わらず、ほとんどの人が書いていないものがあります。

◆どんな人が本を書ける?
本を書けるのはどんな人でしょうか。また、どんなことができる人でしょうか。

【目次】
はじめに

第1章 あなたも必ず本を出せる
出版は人生を変える
商業出版・自費出版がある
出版方法によるメリット・デメリット
目指すのは「売れる本」
あなたが出版できる3つの理由

第2章 今すぐ始める出版への道
出版したいと宣言しよう
ブログをはじめよう
本のジャンルを知ろう
売れるジャンル・売りにくいジャンル
出版は小さな会社から

第3章 企画を本にするには
持ち込みとは
出版企画書は重要
販売協力とは
必勝プロフィール
仲間を増やそう

おわりに  100万人を幸せにする本
著者紹介