モテ眉!

モテ眉!なりたい未来を手に入れる心理学メイク

眉は顔の額縁です。
絵画を思い出してください。有名な名画でも、チープな額縁に飾るとなんだか安っぽい印象になったり、逆に、子どもが書いたような絵でも、高級な額縁に飾るとそれなりに高級な印象に変わるのです。

眉を変えることで、その状況や場面に必要な心のコントロールと自己暗示に役立ち、普段の印象を変化させたい人や、自己肯定感を高めたい人に、効果があります。
TA心理学(交流分析)を取り入れた役作り眉メイクであるTAメイク、これがこの本のベースです。
眉が変われば印象が変わります。
印象が変わると自己肯定感がアップし、性格が変わります。

この本を読むことで、下記が身につきます。
1.自分が人からどう思われているのか、その印象がわかります
2.自分の心のクセとコミュニケーションのクセがわかります
3.自分の印象を変える具体的な眉メイクのテクニックがわかります
4.自分のことを好きになる自己肯定感が高まります
5.なりたい自分になるための表現方法がわかります

人は時として、自分にダメ出しをするものです。
ゆううつな気分になったり、臆病な気分になったりもするものなのです。

自分に自信がないとき……。
自分で自分を責めるとき……。

まずはメイクでなりたい印象の自分、見せたい自分を作ってみてください。
これが少しずつ習慣になってきたときに、顔も、表情も、生き方も、未来に向かって自分らしく自律的に過ごせるのです。

メイクはひとつの仮面です。
そして、メイクは自分でかける自分への魔法です。
メイクによって自分への勇気づけができるのです。

本書を使って、なりたい自分を「眉」で表現し、理想の未来を手に入れてください。

【目次】
はじめに

第1章 メイクが与える心理効果
メイクが変わるとセルフイメージが変わる
あるひとりの女子大生の話
あるキャリアウーマンの話
有名人たちの「顔」についての話

第2章 顔の印象を左右するのは、眉
あなたの眉の左右のかたちを見てみましょう
眉は顔の額縁です
私ってどんな人? 質問(ミニ心理テスト)
ミニ心理テストの解説(ドラえもんの登場人物にたとえると…)
5種類の眉で役割性格を印象づける
3人の男性の事例をご紹介します
眉が変わると性格が変わる

第3章 メイクの効果
高齢者メイクの「回想法」
精神科メイクの心のスイッチ「ベクトル」「今ここ」
脳とメイクの関係
印象を変える、パーソナリティーを変える
セルフイメージについて
セルフイメージを上げるには?
印象はコントロールできる
なりたい未来を顔に作れる
印象が変わることで対人関係が変わる
対人関係が変わることで人生が変わる
パーソナリティーの形成理論
心理テストで自分の性格の長所と弱点を知る
エゴグラムで弱点を知り、眉で変えていく
各エネルギータイプを印象づけたいときの眉の書き方
メイクでセルフイメージを上げる
叶えたい夢、なりたい自分をイメージするワーク
メイクによって行動のスイッチが入りやすくなる

おわりに
著者紹介

【著者プロフィール】
黒木 瑞(くろき・みず)

(社)ヒューマンハートサポート協会理事長/NPO法人日本パーソナルセラピー協会 理事長/交流分析士インストラクター/ミズメイクアップワールド(化粧療法士育成)代表

「好きを仕事に自立したい」と、22歳でヘアメイク独立開業。仕事が生き甲斐の毎日を過ごして来たが、結婚後の事情で仕事を離れる。そのときの葛藤から心理学を学び、2000年に現在の化粧療法を創る。現在は心理学の講演、企業研修、心理カウンセラーの養成、化粧療法士の養成を行う。月に1回、精神科へボランティアに行き、「笑っていたら大丈夫」をテーマに、鬱からの脱出の援助をしている。

専門分野
産業カウンセリング/交流分析/メンタルヘルス/ストレス軽減のための心理学/化粧療法/メイクセラピー/コミュニケーション