本の中で気になる文章や後で読み返したい箇所があった場合
今まであなたはどうしていましたか?

これまではマーキングや傍線をひく、書き込みをする 
付箋を貼る、など人によっていろいろなやり方がありましたが、

iBooksには、後で読み返すためのハイライトやメモといった機能が備わっているのです。

これをEvernoteと連携することで情報整理術に磨きがかかります。能動的な読書をしたい方には願ったりの機能。

気になる文章があれば、ハイライトした上でコメントを残しておくことで後で見返しやすくなり、とても便利です。

使いこなせば、inputからoutputまでの作業が格段にはかどりますね!

http://ottan.me/2013/04/04/ibooks-and-evernote-work-together/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+ottan%2Ffeed+%E3%81%8A%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%93%E5%BE%92%E7%84%B6%E6%97%A5%E8%A8%98

iBooksとEvernoteを連携して使おう!iBooksでハイライトした文章だけを抽出してPDFまたはEvernoteに保存してくれる「Digested」
iBooksはEvernoteと連携させることで効果的な学習用ツールとして生まれ変わる可能性を秘めている!iBooksをホーム画面の肥やしにしておくのはもったいない。